PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

望み

13日以降の最初の一週間は異常なまでに遅くに感じ
次の一週間はあっという間に過ぎました

14日に到着したレンタル酸素
当初はマスクで対応していたけど15日の夜に
呼吸が荒くなったのでその日の夜中から酸素室にて対応

147.jpg
マスク対応時

014.jpg
酸素室設置

体調のいい時に少しでも外を感じさせてあげたかったので
酸素室は前部と上部を開けたまま使用中です
あまりに内外の酸素濃度の差が大きいとかえって呼吸困難をまねくため・・・

酸素室に入った当初一週間より、ここ数日は妙に呼吸がマシです
ハッハッハッと早すぎていた呼吸が
ハァハァハァみたいな
姉妹と比べるとまだまだ早いけど
以前に比べると眠ってる時間も増えてるし、寝方も楽そう

宣告された残り時間はレンタル酸素を使用するとは思ってなかった
先生達の意見なので、もしかしたら来年を迎えられるのかな
という期待も浮かんだり

でもよく寝ていたのがしんどいだけだったのかもしれず
昨日の朝に急に両足に浮腫があらわれ、パンパン
カイロであっため俄かマッサージやツボ押しなどしつつ
腫瘍のせいで血流が悪いのは仕方ないけど
少しでも何とかならないかと、無茶を覚悟しながら5分ほど車椅子で歩いてます
(携帯酸素でフォローしながら)
ダメ元であまり期待できなかったのに、7割がたむくみ消えました(嬉)

真っ白の口や歯茎になるし、当然呼吸も荒くなるし
きっと残り時間を削ってしまう原因にもなるだろうけど
第2の心臓である足を動かす事はデメリットだけではなくて
メリットも彼に与えてくれるかなと・・・

でも一番の理由は彼が喜ぶからかな

今でもいなくなるのが怖くて嫌で認めたくなくて
どうしようもなく不安定な母だけど
でも彼の立場に自分を置き換えて考えると
興奮が身体にさわっても今までどおり、大好きな人たちには逢いたいだろうし
大好きな車椅子を動かしてるカチャカチャ音を聞くと我慢できないくらい嬉しいだろうし

こんな顔されるより

020.jpg

008a.jpg

やっぱりこの顔を見ていたい

008.jpg

あっという間に小さくなってしまった身体
たった5分の散歩がきっともっと負担がかけるのだろう

浮腫が現れた時に獣医に利尿剤を飲ませる方がいいのか?と聞いた時
飲ませるかどうかは飼い主さんが決めるしかありません
ただ、彼の状態では身体が弱るのは早まるでしょうと

最終は自分の決断
後悔しない道はどれなんだろう

数日経ったらやっぱり怖くなってお散歩やめるかもしれない
けれど、今はとりあえず彼がしたい事をさせていきます

明日もどうか穏やかな日をおくれますように・・・

スポンサーサイト

| 犬族話 | 01:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://genkinomoto5.blog116.fc2.com/tb.php/167-a17d109f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。