2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

発熱と軟便

呼吸は今日はちょっと昨日より早いけどマシなまま
姉妹と比べるとやっぱり早いけど
一時期のことを考えるとすっごいマシ

敵が休んでいるのか、みんなのパワーに負けて黙ってしまってるのか
どれなんだろうかな・・・
でも皆の優しい言葉に本当に感謝しています

ただ残念な事に今朝から発熱
昨日までは微熱が続いていて抗生物質で対処していたけど
今朝は39.9度にあがっていた

軟便は微妙な感じが2日目

先生と色々相談した結果、アスピリンともう一種の抗生物質とで3日間様子を見ることに

今はまだ辛そうなので氷枕にも仕事してもらう

021.jpg

明日の朝には熱がさがってますように・・・
スポンサーサイト

| 犬族話 | 23:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

望み

13日以降の最初の一週間は異常なまでに遅くに感じ
次の一週間はあっという間に過ぎました

14日に到着したレンタル酸素
当初はマスクで対応していたけど15日の夜に
呼吸が荒くなったのでその日の夜中から酸素室にて対応

147.jpg
マスク対応時

014.jpg
酸素室設置

体調のいい時に少しでも外を感じさせてあげたかったので
酸素室は前部と上部を開けたまま使用中です
あまりに内外の酸素濃度の差が大きいとかえって呼吸困難をまねくため・・・

酸素室に入った当初一週間より、ここ数日は妙に呼吸がマシです
ハッハッハッと早すぎていた呼吸が
ハァハァハァみたいな
姉妹と比べるとまだまだ早いけど
以前に比べると眠ってる時間も増えてるし、寝方も楽そう

宣告された残り時間はレンタル酸素を使用するとは思ってなかった
先生達の意見なので、もしかしたら来年を迎えられるのかな
という期待も浮かんだり

でもよく寝ていたのがしんどいだけだったのかもしれず
昨日の朝に急に両足に浮腫があらわれ、パンパン
カイロであっため俄かマッサージやツボ押しなどしつつ
腫瘍のせいで血流が悪いのは仕方ないけど
少しでも何とかならないかと、無茶を覚悟しながら5分ほど車椅子で歩いてます
(携帯酸素でフォローしながら)
ダメ元であまり期待できなかったのに、7割がたむくみ消えました(嬉)

真っ白の口や歯茎になるし、当然呼吸も荒くなるし
きっと残り時間を削ってしまう原因にもなるだろうけど
第2の心臓である足を動かす事はデメリットだけではなくて
メリットも彼に与えてくれるかなと・・・

でも一番の理由は彼が喜ぶからかな

今でもいなくなるのが怖くて嫌で認めたくなくて
どうしようもなく不安定な母だけど
でも彼の立場に自分を置き換えて考えると
興奮が身体にさわっても今までどおり、大好きな人たちには逢いたいだろうし
大好きな車椅子を動かしてるカチャカチャ音を聞くと我慢できないくらい嬉しいだろうし

こんな顔されるより

020.jpg

008a.jpg

やっぱりこの顔を見ていたい

008.jpg

あっという間に小さくなってしまった身体
たった5分の散歩がきっともっと負担がかけるのだろう

浮腫が現れた時に獣医に利尿剤を飲ませる方がいいのか?と聞いた時
飲ませるかどうかは飼い主さんが決めるしかありません
ただ、彼の状態では身体が弱るのは早まるでしょうと

最終は自分の決断
後悔しない道はどれなんだろう

数日経ったらやっぱり怖くなってお散歩やめるかもしれない
けれど、今はとりあえず彼がしたい事をさせていきます

明日もどうか穏やかな日をおくれますように・・・

| 犬族話 | 01:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最後のお願い

最終の更新からほぼ2年

きっと殆どの方に呆れられてるかもしれないけれど
わずかな望みをかけて更新し、そしてお願いです

くにお(クック)が余命宣告をうけました

10月13日に宣告され、多分一か月もつかどうか
運が良ければ二か月と・・・

一番最初の小さな咳の症状から、宣告までの時間は
たったの2週間でした

心臓に3センチの腫瘍があまりにくっきりと心エコーでうつっていました
現在は肺への転移は確実に確認でき、もっと他にも転移してるでしょうと
獣医より宣告をうけています

私の息子でもあるくにおですが
彼の保護時から支えてくださった方、その後知り合い支えて下さった方
彼は本当に多くの方に支えられ今まで生きてきました

そして私も皆様に支えられ頑張ることが今まで出来ていました
そんな私たち母と息子からのお願いです

彼にしてあげる事は医療処置としては何もないと言われ
現在は自宅で、レンタル酸素での対応と器官拡張剤での対処
今更と叱られるかもしれないけれど数種類のサプリで頑張っています

どうかお願いです

彼が苦しまず、少しでも楽に過ごせるように
みなさんのお力をお貸しください
救命も延命も無理なのは悲しくても逃げられない現実と覚悟しました

でも呼吸困難でかなり苦しみながらの最期を迎える可能性が高いと言われた
その事だけは承知できる事ではなく・・・
下半身不随であっても明るく元気に生きてきたくにおを
ゆがんだ顔でなく、穏やかな顔で旅だてるように
私の祈りだけでは頼りなく皆様のお力を借りようと
2年も更新できなかったくせにお願いしにきました

一緒に祈ってやってもらえないでしょうか

どうかお願いします



| 犬族話 | 01:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。